今年度の都市イノベーション学府にて発表された修士論文が展示されています。建築都市デザインコース(Y-GSA)、芸術文化領域(Y-GSC)、建築学分野、都市基盤系、グローバルスタディーズ領域といった異なる特色を持つ専攻・コースが、各々の専門分野による個性的な切り口で都市を論じます。

植松里緒

空間を順序づける建築 −多元的な表裏に関する考察−

杉浦哲朗

無主空間の建築


鈴木菜摘

街の根をあらわにする建築の可能性

若色りな

建築的地域文化再考 −あんこから生まれる都市の地域文化−


巽渓

ぬいツーリズムとつながりたい欲求 −ファンのコミュニケーションに用いられるソーシャルメディアでのぬい写真の意味

胡皓

ウォン・カーウァイ(王家衛)映画のナラティブ研究 −パズル・ネットワーク的ナラティブを中心に−


吉田明史

サンプラー的身体

山口剛

GISを用いた都市の親水性評価に関する研究 −横浜駅周辺の都市河川を対象として−


仝瀟然

みなとみらい 21 地区における地域熱供給の屋外熱環境への影響に関する研究

加藤淳一朗

被災した鋼部材の形状計測に基づく残余耐震性能推定方法の開発


林智之

銅板挿入型木材折版構造の開発 −接合部の力学的挙動−

石田瑛涼

二重空気膜の動的挙動に関する研究 −固有値解析について−


細野真央

創造界隈における人的ネットワークとその醸成の場に関する研究 −横浜市関内地域周辺における考察−

石井勇佑

三笠ビル商店街における共同建築形態とその実現・継承に関する研究


福嶋真純

東宮遺跡からみる近世民家の復原的研究 −群馬県吾妻郡における近世民家とその集落についての復原−

田中正道

カスタマイズ賃貸型戸建住宅地にみる住み働き方に関する研究 −埼玉県入間市ジョンソンタウンを事例に−


武藤秀人

東京湾アクアライン橋梁部における車両の強風時安定性に関する数値シミュレーション

早内玄

地形条件の交通手段選択への影響に関する基礎的研究 〜高低差・勾配に着目して〜


石橋奈都実

爆裂リスク評価に向けた高温下におけるセメント水和生成物の崩壊モデル

神谷圭祐

石積み −地震複合構造物の地震時挙動に関する研究


伊藤大樹

二枚貝が優占する汽水湖沼における流動・生態系モデル解析

李詩佳

日中「文学場域」に関する比較研究:文学論争および文学賞に注目して


建築都市デザインコース(Y-GSA) にて製作された作品およびポートフォリオを展示します。Y-GSA では、2年間で4つのスタジオを履修することに加え、全スタジオの成果を通底する独自のテーマをもとに構成されたポートフォリオを発表することで、修士学位を取得します。

伊奈萌

都市に広がる水平的暮らし

植松里緒

みずみちのある暮らし −自分の家の道から洛中洛外農村部をつなぐ道へ−


岡部絢子

消えて現れるお祭りの居場所

杉浦哲朗

無縁の芝居河原


鈴木菜摘

街の芸術学校

鈴木里奈

輻輳する文化の中で生まれる、新たな都市の母胎


中尾壮宏

Wall: New City Structure

山下智宏

下駄履き住居から広がる文化的奥庭


横尾周

人々を受け入れる谷のまち LECH

若色りな

日常からつながる劇場 −THEATER WOLFSBURG 再読−


神奈川県民ホールギャラリー

横浜市中区山下町3-1